地区予選の採点方法

地区予選の採点方法

予選での代表選出は、グランプリ大会・実行委員会所定の採点表で行われます。
採点者は、来場者で行いますので、多数の一般の方がご来場されることを心よりお待ちしています。
一般来場者が20名を超えない場合、例外として出品企業からも1名を採点者として加えますが、出品企業の方は、自社採点はできません。
満点は15点です。「物語の素材」への評価は10点で残り5点は「経営理念」「5S」「ES(従業員満足)」「CS(顧客満足)」「社会性」のそれぞれの項目へどのように取り組んでいるかを評価します。前説時に、これらの項目の一つでも欠けるとその分の得点を失います。ご注意下さい。
また、前説&後説で5分以内、本編は10分以内がルールです。時間を計測して発表いたします。過度に時間超過した場合、実行委員の判断で減点する場合があります。

以前の大阪予選の事例を掲載していますので、御確認下さい。
→事例のダウンロード

●「感動物語」の採点は、「素材」重視でお願いします!
予選を通過した作品は、本選までの間に、何度も練り上げ(調理)を行っていきます。予選の段階では、映像や音楽などのテクニック面よりも、「素材そのものの良さ」を重視して、採点をしてください。
*予選会の成立要件:出品5社以上、採点者30名以上(出品企業の従業員は採点権なし)。全作品を観た方の採点が有効、中立の立場での採点を願う。無記名の採点表は無効。1位が同点あるいは2位が同点のときは採点者1票の決戦投票。 2位企業はゴールデン枠への出場権利あり。なお採点は、あくまで個人の主観で結構です。但しその評価の基準線は、最初から最後まで同じにしてくださいね。

PAGE TOP